クラシックカー情報館currus

車が大好きなフリーライターが海外で取材した世界のヴィンテージカーやクラシックカーの情報を紹介します。

【第三回イベントレポート】海外のクラシックカーフェスをレポート!

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190817024658j:plain

 

こんにちは、Maroonです。このミニサイトでは、私が住むアイルランドの小さな街で、毎月開催されている「クラシックカー・フェス」などを紹介しています。今回は2019年7月末に行われたイベントのレポートの続きをご紹介します。

 

続きを読む

90年代を代表する最上級車種!メルセデス・ベンツW126-500SEL

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190813023726j:plain

 

メルセデス・ベンツW126-500SELは、1985年から91年まで製造・販売された自動車です。500SELと560SELは、メルセデスSクラスのなかでも最上級の高級車。その安全性と品質の良さにおいて高く評価され、長年、富裕層から信頼を得てきました。

 

多くのドライバーが憧れたベンツSクラス500SEL

長年、富裕層から高い支持を得てきたベンツW126-500SEL。上質で乗り心地抜群の内装が多くの富裕層を虜にしてきました。

 

実は、私の父も15年以上も前に500SELの防弾車タイプを中古で購入しました。私も何度かバックシートに乗せてもらいましたが、内装の上質な感じと心地よさが大好きでした。

 

特に、その威力を発揮したのは、高速道路においてスピードを出した時。

 

セダンタイプとは思えないほどの加速の良さはもちろんのこと。全くブレない安定感と乗り心地の良さは素晴らしかったです。まさに、多くのドライバーたちの「夢」を積んだ車ですね。

 

メルセデス・ベンツW126-500SELの詳細写真

 

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190813023929j:plain

メルセデス・ベンツW126-500SEL 側面

写真で見た感じは、Toyotaクラウンなどとそれほど変わりがないように見えますが、実際に乗ってみると、一まわり大きいですね。

 

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190813024122j:plain

メルセデス・ベンツW126-500SEL 正面

560Eとの違いは、エンブレムの位置や大きさで分かります。560Eの場合は、大きなベンツのエンブレムがラジエーター・グリルの真ん中に付いています。

 

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190813024554j:plain

メルセデス・ベンツW126-500SEL 側面

残念ながら、近くにオーナーさんがいなかったので、内装をみせてもらうことができませんでした。防弾車のタイプかどうかは聞けず。

 

内装は全て革張りで、全シートの移動とリクライニングがボタンひとつでできます。ドイツ人体型に合わせて製造された車なので、レッグスペースがとんでもなく広いです。

 

メルセデス・ベンツW126-500SELのスペック

   
車名  メルセデス・ベンツW126-500SEL
メーカー  ダイムラー
生産時期  1985年~1991年
生産国  ドイツ
ボディタイプ  4ドアセダン
エンジン  5.0リットル V8(V型8気筒)
トランスミッション  4速MT / 5速MT / 4速AT
ホイールベース  3,075 mm
全長  5,135~5,160 mm 
車幅  1,820 mm 
高さ  1,441 mm
重さ  1,600 kg 

(参考:『Mercedes-Benz W126』|Wikipedia English https://en.wikipedia.org/wiki/Mercedes-Benz_W126

 

筆者の正直な感想

実をいうと、ベンツW126-500SELには残念な点もあります。

 

それは、部品の交換が頻繁に必要なこと!車検のたびに一つの部品を交換するためにドイツからわざわざ取り寄せて、30万円が飛ぶということはいつもの事でした。

 

結果、10年もたたないうちに手放すことに。

 

最近ではだいぶ値が落ちていて購入しやすくなりましたが、購入の際は十分に検討した方がいいですよ。

 

See you again!

【第二回イベントレポート】海外のクラシックカーフェスをレポート!

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190804224345j:plain

こんにちは、Maroonです。このミニサイトでは、私が住むアイルランドの小さな街で、毎月開催されている「クラシックカー・フェス」などを紹介しています。今回は2019年7月末に行われたイベントのレポートの続きをご紹介します。

 

続きを読む

車のボディタイプ①【日本VSイギリス】

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190802164717j:plain

「車の豆知識シリーズ」第一弾です。このシリーズでは、車に関する基本的なこと(でも自動車学校の教科書では、米粒ほどしか触れていない部分)を紹介していきます。今回は、「イギリスと日本のボディタイプの呼び方の違い」についてご紹介します。

 

 

続きを読む

イギリスの女王エリザベス2世も乗っていた車!ローバー P5B 3.5L

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190728070119j:plain

ローバー P5B 3.5Lは、1967年から1973年の間に、イギリスの自動車会社ローバーが生産した車です。V8ローバー・エンジンを搭載。黒のタイプは、かつて、イギリスの女王エリザベス2世も愛用していました。その他、イギリスのサッチャー元首相なども愛用していたことで有名です。

 

 

続きを読む

時代に負けず伝説を築いた!フォルクスワーゲン・タイプ1「ビートル」

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190618031053j:plain

フォルクスワーゲン・タイプ1は、別名「ビートル」や「カブトムシ」の愛称でも知られるドイツ製の自動車です。1938年から2003年まで、65年間にわたり世界最多の2152万9464台が生産され、伝説的な大成功をおさめました。

 

  • フォルクスワーゲン・タイプ1「ビートル」の歴史
  • フォルクスワーゲン・タイプ1「ビートル」の詳細写真
  • フォルクスワーゲン・タイプ1「ビートル」のスペック
  • フォルクスワーゲン・タイプ1「ビートル」の種類(カラー例)
  • 筆者の正直な感想

 

 

続きを読む

幻の限定版ドリフト車!1985年型フォード・エスコートRSターボ

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190520042814j:plain

 

1985年型フォード・エスコートRSターボは、アメリカの自動車会社フォードが1980年から1986年まで販売したエスコート・シリーズの3代目(マーク3)です。エスコート・シリーズの中でも唯一のターボ付きスポーツカーモデルです。

 

続きを読む