クラシックカー情報館currus

車が大好きなフリーライターが海外で取材した世界のヴィンテージカーやクラシックカーの情報を紹介します。

モーリス・マイナー1000

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190712080620j:plain

 

モーリス・マイナー1000は、かつてイギリスに存在していたモーリス自動車によって1956年から71年の間に生産された車です。

 

 

モーリス・マイナー1000のスペック

   
車名  モーリス・マイナー1000
メーカー  モーリス自動車
生産時期  1956年から1971年
生産国  イギリス、オーストラリア、アイルランド
ボディタイプ 2ドア セダン
4ドア セダン
2ドア オープンカー
2ドア エステート
エンジン  948 cc A-series 直列4気筒
1,098 cc A-series 直列4気筒
トランスミッション  -
ホイールベース  -
全長  -
車幅  -
高さ  -
重さ  -

(参考:『Morris Minor』|Wikipedia 

https://en.wikipedia.org/wiki/Morris_Minor#Minor_1000

 

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190712080723j:plain

モーリス・マイナー1000 ブラック 正面

車体は、ピカピカに磨かれていました。

 

 

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190712081007j:plain

モーリス・マイナー1000 ブラック 背面

後ろから見ると、よりクラシック感があるれる優雅なデザイン。

 

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190712081128j:plain

モーリス・マイナー1000 ブラック 側面

マイナー1000のエンブレム。

 

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190712081328j:plain

モーリス・マイナー1000 ブラック 内装

内装は、高級感あふれるレザーを使用。赤と黒の組み合わせも、コントラストが効いている。ハンドルが大きめなのも、運転しやすそうだ。

 

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190712081524j:plain

モーリス・マイナー1000 内装

筆者の正直な感想

とても、レトロで品のある内装に驚きました。銀座の帝国ホテル前に停めてあったら、全く違和感はない。

 

やはり、伝統あるイギリスの車なだけあって、格式高い印象も。

そのうえ、小さくて小回りが利く感じがする。

 

あえて例えるなら、シャーロック・ホームズのようなジェントルマンに似合う車です。

 

エンジン音

意外に静かです。

 

 

走っている様子 

 

この記事を最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。