クラシックカー情報館currus

車が大好きなフリーライターが海外で取材した世界のヴィンテージカーやクラシックカーの情報を紹介します。

【第一回イベントレポート】海外のクラシックカーフェスをレポート!

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190728232943j:plain

 

 

 

 

車をただの「鉄の塊」と見る人がいる

しかし、私にとっての車は、ただの鉄の塊ではない

 

車には、血が通った「あたたかみ」がある。

製造者の知恵と汗が集結しているからだ

 

その上、まるで戦闘車のように頑丈に作られている旧車たち

 

「クラシックカー」や「ヴィンテージカー」は、いつの時代も「古きよき時代」の夢のかけらを、現代に伝えてきた

 

それはまるで、未来にかける「夢の架け橋」

By Maroon

 

このミニサイトでは、私が住むアイルランドの小さな街で毎月開催されている「クラシックカー・フェス」を紹介していきます。

 

この記事を書いている筆者は、こんな人です。

  • 2018年に車の免許を取った
  • 運転免許の筆記試験で99点
  • スーパーカーの助手席に乗るのが好き
  • 父親(元サラリーマン)の防弾ガラス張りのベンツに乗せてもらってからセダンが好きになった
  • 車の運転には非常に慎重だが、スピード狂の傾向あり
  • レーシングカーのゲームにはまりすぎて、学校の単位を落としたことがある
  • アイルランドに住みながらフリーライターをしている

 

CAVALIER SRiを発見!

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190728225301j:plain

オーナーさんではありませんが、近くにいた人に聞いてみると、1997年頃に製造された車だそうです。

 

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190728225609j:plain

二人とも、だいぶ気に入っている様子でした★

この車については、後ほど詳しく別な記事で紹介したいと思います。

 

マツダ・ロードスター

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190728231951j:plain

 

こんなところに、マツダのロードスターを発見!

 

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190728232145j:plain

 

懐かしい感じがしますね。オーナーさんによると1993年のモデルだそうです。村上春樹の『海辺のカフカ』に出てくるモデルと、ほぼ同じかもしれません。

 

Maroon:「How do you like this car?(この車のどんなところが好きですか?)」

 

オーナーさん:「とにかく、好き。素晴らしい車だよ。」

 

Maroon:「What kind of person would you recommend this car for?(どんな人にこの車をおすすめしますか?)」

 

オーナーさん:「とにかく、自分でメンテできる人だね。どの車もそうだろうけど。この車もだいぶメンテナンスしているよ。」

 

オーナーさんは、30代後半から40代前半ぐらいのハンサムな方でした。

クラシックカーは、アイルランドでは若い人の間でも流行っているようですね★

 

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190728232943j:plain

横から見ても、スマートでカッコいいです。

こちらの車についても、またのちほど詳しくご紹介したいと思います。

 

ランドローバー

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190728234717j:plain

 

ランドローバーのジープ。

ホワイトとブルーグレーのツートーンカラーが、とてもGOODでセンスがいい。

 

 

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190728234919j:plain

正面には、人形のようなものが取り付けられており、ちょっとしたユーモアを感じます。

ランドローバーについて、のちほど別な記事で詳しくご紹介します。

 

日産ブルーバード

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190729000427j:plain

こんな異国の地で、郷愁あふれる日産のブルーバードを発見!

 

とても懐かしい。Maroonが子どもの頃に、よく街角で見かけた大衆車です。オーナーさんに尋ねると、1987年のモデルとのこと。

 

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190729000731j:plain

なんと試乗までさせてくれました!

こんなことは、初めてなので、とても嬉しかったです。

 

ピラーの配置や太さも控えめで、視界はそこそこに良かったです。

 

なんと、昔のまま!オーディオカセット付きです。

 

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190729001012j:plain

とても、愛情が行き届いた車という印象を受けたので、オーナーさんにインタビューしました。

 

Maroon:「How do you like this car?(この車のどんなところが好きですか?)」

 

オーナーさん:「とにかく、素晴らしい車だよ。全部自分で部品を交換したんだ。だからメンテナンスばっちりさ。4800ユーロ以下では絶対に売らないよ。」

 

Maroon:「How did you get parts?(部品はどこで購入したのですか?)」

 

オーナーさん:「全部イギリスから、取り寄せたんだよ。インターネットで全部手に入るからね。安いところを一つひとつ探して、オーダーしたんだ。」

 

Maroon:「凄いですね。」

 

オーナーさん:「絶対に安売りはしないよ。もう30年以上も前の車だけど、パワーステアリングに変えて、その他も全てメンテナンスしてあるから、走り心地は快調だよ!(笑)」

 

Maroon:「(笑)Wow, power steering? What kind of person would you recommend this car for?(凄い。クラシックカーにパワーステアリングですか?どんな人にこの車をおすすめしますか?)」

 

オーナーさん:「誰でも大丈夫だよ。僕がメンテばっちりしてあるからね。」

 

と、おちゃめな感じのオーナーさんでした。年齢は50代後半から60代前半といったところでしょうか。

 

実際に、走った様子を見ましたが、本当に快調に走っていきました。しかも、格好良く見せるために、ふかしながらのスタート!

 

「もし売れなければ、また、来月も戻ってくるよ」と言って去っていきました。少し楽しみです。

 

こちらのブルーバードについては、他のオーナーさんたちも、敬意を示していたようでした。なんと言っても、30年以上も前の車がここまでサクサク動くことは、めずらしい事なので。

 

この車のついては、のちほど別な記事で詳しく紹介したいと思います。

 

今回は予想以上に多くのクラシックカーが参加したので、数回に分けてご紹介する予定です。この続きは、また別な記事で。

 

See you again!