クラシックカー情報館currus

車が大好きなフリーライターが海外で取材した世界のヴィンテージカーやクラシックカーの情報を紹介します。

【第二回イベントレポート】海外のクラシックカーフェスをレポート!

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190804224345j:plain

こんにちは、Maroonです。このミニサイトでは、私が住むアイルランドの小さな街で、毎月開催されている「クラシックカー・フェス」などを紹介しています。今回は2019年7月末に行われたイベントのレポートの続きをご紹介します。

 

 

 

 前回の記事はこちら。

www.findclassiccar.com

 

この記事を書いている筆者は、こんな人です。

  • 古い物が大好き
  • 2018年に車の免許を取った
  • 運転免許の筆記試験で99点
  • スーパーカーの助手席に乗るのが好き
  • 父親(元サラリーマン)の防弾ガラス張りのベンツに乗せてもらってからセダンが好きになった
  • 車の運転には非常に慎重だが、スピード狂の傾向あり
  • レーシングカーのゲームにはまりすぎて、学校の単位を落としたことがある
  • アイルランド人と国際結婚をして、フリーライターをしている

 

 

イベントレポート中に起きたアクシデント

実は、今回数枚写真を撮ったところで、Pentax k5のシャッターが下りなくなるというアクシデントがありました。

 

早く撮影しなくてはならないのに、10分ぐらい色々と設定いじってみても全く反応がありません。そこで、急いで自宅に戻り、旧来の相棒キヤノンのコンデジを引っ張りだして来ました。

 

コンデジなので、画質はあまりよくはありませんが、コンデジのわりにはしっかりと働いてくれます。あとは、画像編集で何とか頑張りました★

 

今回も世界の様々なクラシックカーが勢ぞろい!

今回も、アイルランド各地からさまざまなクラシックカーが集まりました。ダイジェスト的に、車の名前やオーナー・インタビューなどをご紹介しますね。

 

※それぞれの車の詳しい情報は、後ほど別な記事でご紹介します。

 

初期のフォード・エスコート

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190804224957j:plain

以前、このブログでもご紹介したドリフト車「フォード・エスコート」の初期モデルです。

 

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190804225512j:plain

横からみても、スマートでかっこいいですね。履いているホイールなどもレトロな感じで、車に合っています。

 

残念ながら、オーナーさんは周囲にいなかったので声をかけれませんでした。

 

フォード・アングリア105E

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190804225725j:plain

はじめて見る車です。いかにもアメ車らしい、古き良き時代の雰囲気が漂っていますね。しかし、調べてみると、フォードUKで生産、発売された車のようです。

 

こちらのオーナーさんは、オーナーズ・クラブに入っている様子。真ん中にオーナーズ・クラブの会員バッジが取り付けられています。

 

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190804230241j:plain

横から見ると、とても独特なユーモアが感じられる車です。コンパクトですが、存在感はバッチリ。

 

オペル・マンタ400 Gr.B

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190804230848j:plain

本格的なレーシングカーの登場です!

 

なんとこの車、「公道では走ってはいけないレーシングカー」だそうです。ちなみに、アイルランドでは、走っても良いレーシングカーがあります。

 

オーナーさんから内装や、トラックでの写真を見せてもらいましたが、バリバリのレーシングカーでした。

 

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190804231640j:plain

わざわざ、レッカー車で運んでフェスに参加するなんて、相当な気合の入りようですね。感動しました!

 

ちなみに、この車は88年のモデルだそうです。ドリフトには最適、というようなコメントでした。

 

 

オペル・アスコナB

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190804232251j:plain

こちらも、ドイツの有名な自動車会社オペルのクラシックカー!

 

1975年から1981年まで製造された車です。

 

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190804234008j:plain

 

なんと、この車のオーナーさん、自分で溶接ができるそうです!

 

この太いパイプの下の方に、溶接したつなぎ目が見えますね。これには、さきほどご紹介したレーシングカーのドライバーも、非常に驚いていました。

 

やはり、古い車になればなるほど、それだけ自分でメンテナンスをするスキルが必要になるようです。

 

修理できる人を見つけるのも、大変ですからね。

 

このつづきは、また次回ご紹介したいと思います。

 

See you again!