クラシックカー情報館currus

車が大好きなフリーライターが海外で取材した世界のヴィンテージカーやクラシックカーの情報を紹介します。

【第三回イベントレポート】海外のクラシックカーフェスをレポート!

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190817024658j:plain

 

こんにちは、Maroonです。このミニサイトでは、私が住むアイルランドの小さな街で、毎月開催されている「クラシックカー・フェス」などを紹介しています。今回は2019年7月末に行われたイベントのレポートの続きをご紹介します。

 

 

 

 前回の記事はこちら。

www.findclassiccar.com

 

この記事を書いている筆者は、こんな人です。

  • 古い物が大好き
  • 2018年に車の免許を取った
  • 運転免許の筆記試験で99点
  • スーパーカーの助手席に乗るのが好き
  • 父親(元サラリーマン)の防弾ガラス張りのベンツに乗せてもらってからセダンが好きになった
  • 車の運転には非常に慎重だが、スピード狂の傾向あり
  • レーシングカーのゲームにはまりすぎて、学校の単位を落としたことがある
  • アイルランド人と国際結婚をして、フリーライターをしている

 

ドライバー長話をしていたら、車が次々と退散!?

実は、ドライバーのなかには、車を日本やイギリスから輸入する際の関税について教えてくれる人もいます。

 

とても興味深々で聞いていたのですが、クラシックカーフェスも終わりに近づいており、退散する車が出てきました。

 

焦って、急いで残りの車の取材をするという展開に。・・・次回は、アクシデントが起きても平気なように、もう少し時間に余裕を持って取材したいです。

 

Nissan Zを発見!

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190817024503j:plain

Nissan Z 正面

以前から、Nissan Zはフォルムが好きで、気になっていた車なのですが、まさかアイルランドで会えるとは思っていませんでした。

 

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190817024658j:plain

Nissan Z 側面

この色は、日本ではあまり見かけないカラーですね。ホイールの色もちゃんとマッチしていて、カッコいいです!なんと言っても、Zのエンブレムがシンプルで私は好きです。

 

前回取材したMK sportscar ZX-14Rも登場!

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190817025100j:plain

MK sportscar ZX-14R 正面

前回、取材してこのブログでも紹介した「MK sportscar ZX-14R」が今回も来ていました。このレーシングカーは、カワサキエンジンを搭載しています。

 

今回は、ドライバーにいろいろとインタビューできました。こちらは、イギリスから関税なしで輸入できたそうです。

 

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190817025258j:plain

MK sportscar ZX-14R 走行様子

やはり、加速が素晴らしい車!せっかく、目の前で走行してくれたのですが、ビデオに撮れませんでした。

 

車のナンバーやドライバーがそのまま映ってしまうので、本人の許可が必要です。次回、承諾を得られたら録画してご紹介しようと思います!

 

ジャガー XKRを発見!

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190817025908j:plain

ジャガー XKR 正面

ジャガーが走っているところを見るのは、これが2回目です。一度目はたしかニューヨークのマンハッタンでした。本当にカッコいいです。エンジン音も落ち着きのあるいい音です。

 

他のドライバーたちが、「新しいエンジンの音がする」と言っていたのが印象的でした。たしかに他の旧車に比べれば、だいぶ新しい部類に入りますよね。

 

ドライバーは、私と同世代の30代後半~40代前半といった感じですね。まだ若いのに、とても紳士な雰囲気の方でした。

 

f:id:kosodate-blog-ireland-mama:20190817030424j:plain

ジャガー XKR 背面

 

ジャガーXKRは、4.0L V8 DOHCのAJ-V8エンジンを搭載。XK8モデルの最高出力は294ps/6,100rpm、最大トルクは40.0kg・m/4,250rpmです。そのうえ、スーパーチャージャーを搭載したXKRの最高出力は、375ps/6,150rpm、最大トルクは53.5kg・m/3,600rpm!とんでもない車です。

 

ここでご紹介した車は、詳しく後ほど別な記事でご紹介します。

 

今回で、7月末のイベントレポートはおしまいです。次回は、8月末にイベントが行われたあとに、ご紹介します。

 

See you again!

 

車をただの「鉄の塊」と見る人がいる

しかし、私にとっての車は、ただの鉄の塊ではない

 

車には、血が通った「あたたかみ」がある。

製造者の知恵と汗が集結しているからだ

 

その上、まるで戦闘車のように頑丈に作られている旧車たち

 

「クラシックカー」や「ヴィンテージカー」は、いつの時代も「古きよき時代」の夢のかけらを、現代に伝えてきた

 

それはまるで、未来にかける「夢の架け橋」

By Maroon